So-net無料ブログ作成

実体験の英会話#2  機内で② [英語・英会話]

機内でサイダーが欲しい時、英語圏でCider(サイダー)と言うと、
米語ではリンゴジュース・英語ではリンゴ酒の意味になります。

日本語のサイダーは英語でSodaです。
クリームソーダ・ソーダ水のソーダです。

でも、サイダーをsodaと言うのはなんとなく釈然としないところがありません?

サイダーと言えば、英語圏ならば日本人に馴染み深い商品はスプライト
そう、Spriteと言えば良いのですが、スプライトを知らないアテンダントに遭遇する
ことが良くあります。(自分のカタカナ英語発音の悪さにも起因します)

むしろ、サイダーが飲みたい時は「7-up」と言ってみて下さい。
「セヴン・ナァップ」と発声してみて下さい。
だいたい、7-upかスプライトに缶を見せられますので、うなづけば良いんです。
サイダーが飲めます。

キリンレモン・三ツ矢サイダーに国際線・日本以外の国の国内線で出会ったこと、
まだありません。

7-Upと言って、間違ってGas water(炭酸水) だったらExcuse me

予告;次は、「Take-outは米国のファストフード店では通じない」では
    どうする?を書きます。

予告;その次は、「地下が無く自分は1階に居るのに下に来なさい」の
    ホテルの話
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 2

飛騨の忍者 ぼぼ影

いろいろあるんですね。

by 飛騨の忍者 ぼぼ影 (2008-03-21 15:30) 

One-for-you

ちょっとしたことで英語を話すのを躊躇してします、ちょっとしたことを知っていればもっと旅を楽しめる・異文化に振れられること・・・一助になればと思います。
by One-for-you (2008-03-21 21:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます